日本反射材普及協会
入会はこちら

日本反射普及協会の沿革

・平成5年(1993年)3月 全国反射材普及促進協議会 設立
・平成6年(1994年)3月 「反射材用品等性能委員会」設置・施行
・平成14年(2002年)7月 認定マーク(JP-RESPA)商標登録
・平成14年(2002年)
10月3日〜4日
協議会主催の「反射材用品展示会」開催
場所:アルカディア 市ヶ谷
・平成15年(2003年)
10月31日~11月2日
(財)全日本交通安全協会主催の「反射材フェア2003」へ協力
場所:JR新宿駅西口広場イベントコーナー
・平成16年(2004年)7月 技術委員会 設置
・平成18年(2006年)
10月24日~25日
(財)全日本交通安全協会主催の「反射材フェア2006」へ協力~現在に至る
場所:池袋サンシャインシティアルパ/B1噴水広場
・平成23年(2011年)
10月
法人登録 名称:一般社団法人日本反射材普及協会と改称
・平成25年(2013年) 第1回 反射材エキシビションを反射材「エキシビション2013」と称して池袋「芸術センター」にて開催した。