日本反射材普及協会
入会はこちら

JPマークについて

JPマークJPマークのついた製品は、内閣府・警察庁・一般社団法人全日本交通安全協会・一般社団法人日本自動車連盟・社団法人日本自動車協会など関係省庁・団体の役職員や学識経験者の方々により構成された委員会において、反射効果のある優れた製品として審査認定されたものです。

JPマークについて

「JPマーク」の認定に関する詳細事項は、次の通りです。

    1. 申請時期
      認定委員会開催日の1週間前まで随時受付いたします。
      所定の申請様式(事務局 保管)で申込み下さい。
    2. 委員会の開催時期
      毎年 1回 (10月~11月)


〈特例〉申請者から要望があった場合は、仮認定として審査し、合格した製品には認定番号を付与し、販売することを認める。ただし、JPマークは「性能審査委員会」で合格するまでは使用できない。

  1. 委員会の構成
    • 委員長
      • 鈴木春男(千葉大学名誉教授)
    • 委 員
      • 内閣府(交通安全企画第二担当)
      • 警察庁(交通局交通企画課)
      • (一財)全日本交通安全協会
      • (財)日本交通管理技術協会
  2. 認定基準
    協会で定めた反射性能(輝度)・安全性・耐久力・デザイン・ファッション性を考慮し、審査をしています。
  3. 認定された製品
    • (一財)全日本交通安全協会と当協会の連名の「認定証」を授与されます。
    • 「JPマーク」を印刷物等へ掲載できます。
  4. 費用関係

 

認定証
日本反射普及協会 認定証

項 目 会 員 非会員 備 考
申請料 10,000 30,000
更新料 15,000 30,000 認定有効期間(2年)を経過した後認定品を継続する場合
認定料 30,000 50,000 性能審査の結果 認定された製品